FrontPage

第15回 防災計画研究発表会
     −災害リスクリテラシー向上による減災社会の形成−

2019年10月に発生した令和元年度東日本台風は、100名を超える死者・行方不明者を出し、2018年に発生した平成30年7月豪雨に続いて大きな被害をもたらしました。 災害救助法は、甲信越,関東,東北を中心に東日本大震災を超える390市区町村に適用されており、水害としては稀に見る広域被害をもたらしたといえます。また、COVID-19の世界的な感染拡大での危機対応からも、国難クラスの巨大災害までを見据えた際には、行政組織のマネジメントによる災害対応を超えて、被災者を含めた個人をも災害対応の担い手と考えた対応が求められることがわかります。

本研究発表会では,地域防災に携わる土木工学,建築学,地学,情報学,心理学,社会学などの研究者および実務者が一同に集い, 実践的・理論的な研究発表を行い,それらについて様々な視点から討議するとともに,地域防災に関する今日的課題や今後の展開について議論する場とし, 防災計画学の体系化を目指します.

また,ここで得られた知見が各地域に還元されることにより,全国各地の地域防災力が向上することを期待しています. 平常時から広く地域防災力に関する情報交換を行い,研究上の課題を継続的に発見して対応し,その成果を共有化するとともに, 社会に還元していくためのネットワーク構築を目指しています.

防災計画,地域防災システムに携わる多くの研究者・実務者に参加していただけると幸甚です.

  1. 日 時―――2020年9月25日(金)、26日(土)
  2. 場 所―――オンライン開催(ZOOM)
  3. 主 催―――国際総合防災学会(IDRiM Society),京都大学防災研究所
  4. 参加費―――無料
  5. 懇親会―――1日目終了後にオンライン懇親会を開催予定
  6. 発表件数――30件程度
  7. 申込締切――研究発表:2020年9月7日(月)→2020年9月11日(金)(延長しました)
          聴講参加:9月24日(木)までに登録いただけますと幸いです.
  8. 申込方法――下記のページより登録を行ってください.
           発表の受付は終了しました
           聴講の受付は終了しました

第15回防災計画研究発表会プログラム

9月25日(金)
10:30-10:40オープニング
10:40-11:10(司会)
畑山満則
冨田洋史
(大日本コンサルタント)
災害MaaSの必要性と実用化に向けた可能性について
11:10-11:40新井伸夫
(名古屋大学)
災害時における社会・経済活動の多様な視点からの被災道路復旧優先度評価モジュールの試作
11:40-12:10竹林幹雄
(神戸大学)
令和元年房総半島台風に伴う成田国際空港での被害に関する調査
12:10-13:00昼食
13:00-13:30(司会)
睫斛義
小山真紀
(岐阜大学)
コロナ禍における避難の考え方について
13:30-14:00後藤真太郎
(立正大学)
異なる組織が協働する協働型災害訓練の8年間の経験と課題
14:00-14:30椋木俊文
(熊本大学)
令和2年九州豪雨地盤災害調査状況報告
14:30-14:40休憩
14:40-15:10(司会)
杉浦聡志
神田佑亮
(呉工業高等専門学校)
大規模な影響が交通に及ぶ自然災害時のマネジメントの論考-平成30年7月豪雨での実践から-
15:10-15:40伊藤秀行
(減災ロジスティックス研究所)
地域封鎖と住民の生活 ベトナム ソンロイ村の封鎖を事例にして
15:40-16:10竹内裕希子
(熊本大学)
令和2年7月豪雨における災害対応と支援について
16:10-16:20休憩
16:20-17:20総合討論(発表者を交えての討議)
(司会)睫斛義,畑山満則
17:20-18:20懇親会
9月26日(土)
9:00-9:30(司会)
廣井慧
杉浦聡志
(北海道大学)
Gomory-Hu木を用いたカット容量構造に基づくネットワーク脆弱性分析
9:30-10:00睫斛義
(岐阜大学)
平成30年7月豪雨において岐阜県飛騨市の住民避難率はなぜ高かったのか?
10:00-10:30畑山満則
(京都大学)
災害対応のための並行時空管理基盤の構築
10:30-10:40休憩
10:40-11:10(司会)
藤見俊夫
田中尚人
(熊本大学)
熊本地震からの復興における公民館の役割に関する考察
11:10-11:40中居楓子
(名古屋工業大学)
シグナリング・ゲームによる津波避難時の助け合い行動のモデル化
11:40-12:10松原 悠
(京都大学)
断水時における災害拠点病院の事業継続に関する調査報告
12:10-13:00昼食
13:00-13:30(司会)
畑山満則
奥村 誠
(東北大学)
被災者としての交通事業者と資産退避
13:30-14:00多々納裕一
(京都大学)
人口減少下での気候変動適応戦略について
14:00-14:30藤見俊夫
(熊本大学)
令和2年7月水害による人吉市の被災状況と芦北ボランティア活動状況の報告
14:30-14:40休憩
14:40-15:40全体討議(発表者を交えての討議)
(司会)睫斛義,畑山満則
15:40-15:50クロージング

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-27 (日) 08:05:21 (435d)