FrontPage

減災計画研究小委員会

委員への応募はこちらから--->応募フォーム

【背景】

2011年3月11日に発生した東日本大震災は,岩手県・宮城県・福島県を中心とする地域で地震,津波,原発事故という災害連鎖を生み,死者・行方不明者合わせて2万人近い人的被害をもたらした.また,2013年9月に襲来した台風18号に伴う豪雨時には,「特別警報」を気象庁が初めて発表し,「ただちに命を守る行動」を喚起するメッセージが伝えられたが,「特別警報」が発令されなかった2013年10月の伊豆大島や2014年8月の広島でも,豪雨に伴う大規模な土砂災害により大きな被害が発生している. 東日本大震災での被害実態が解明されるに伴い,2013年5月には,南海トラフ巨大地震対策について(最終報告)が内閣府よりまとめられ,6月には「災害対策基本法」の改正案が成立した.これらの動きの中では,災害時の被害を最小限にとどめんとする「減災」の考え方が重要視されているが,減災社会を推進するための対策は,実現することが困難なものが多く,そこに存在する課題は多岐に亘りかつ複雑であるため,その課題解決には様々な分野の研究者が個々に取り組むだけでなく,相互に知恵を出し合い連携しなければならない.

【目的】

これまで土木計画学研究委員会では,災害リスクマネジメント研究小委員会,防災計画研究小委員会,地域防災システム研究小委員会を中心として,防災や災害に立ち向かうフィールドを重視したアプローチと理論研究の融合を模索し,その過程の中で得られた知見を,今後の防災対策に活かしていくための方法に関する総合的な検討を行ってきた.しかしながら,現場と理論とが相互に干渉しあう体系を作るには至っていない.本研究小委員会では,現在までに蓄積されてきた防災・災害リスク研究の成果を再整理すると共に,「減災」にもフォーカスし,地域間,研究者間だけでなく,地域から研究者,研究者から地域への有機的な連携を可能にするための総合的な検討と体系化を目指す.

【活動内容】

本研究小委員会活動では,被害を最小限にとどめんとする「減災」について,災害発生前から発災後の復旧・復興までの災害サイクルを考慮し,研究体制の構築を行う.最重要課題である「命を守ること」に対しては,自然災害を生き抜くための手法や知恵を模索するものであり,教育,訓練,情報,交通をキーワードに,災害を正しく恐れ,いざ災害が発生した際の判断力を磨く効果的な災害回避行動をとることや普段の生活における事前の備えができる地域社会の構築を目指す.また,命を守ったあと,どのように生活再建し,地域の復興を目指していくのかについても対象範囲とし,物流システム,事業継続計画(BCP),経済被害分析,リスク評価手法,災害保険設計など中心に経済復興過程として生じる災害サイクルの中での影響や効果等を把握するための方法論を構築するものとする. 研究活動を促進し,成果を共有するために,研究発表会(防災計画研究発表会,IDRiM等),全体ミーティング(委員会,フィールドワーク等)を年間数回程度行い,共通に利用可能な理論・調査方法・解析方法やそのためのマニュアル等の基盤情報を整備する.その上で,災害に対して即応し得る調査研究体制の構築を目指した体制整備を行う.提案された方法論が実際に機能し得るか否かに関しては,近年発生した災害や研究期間中に発生した災害を対象として検証を行う.

【研究・活動体制】

本研究小委員会では,減災を考える上でいくつかのSpecial Interest Group(SIG)を組織し,その方法論的・理論的基礎研究を行いつつ,実際的な調査研究を行うものとする.また,多発する災害に対応できるよう減災社会の実現に向けて必要な調査内容,調査体制の在り方についても議論し,災害発生時には,積極的に調査団を結成し,土木学会調査団と連携し,計画学の今後につながる調査活動を行うものとする.

【委員構成】

  • 委員長 睫據]義(岐阜大学・工学部・教授)
  • 幹事長 畑山 満則(京都大学・防災研究所・准教授)
  • 委員への応募はこちらから 応募フォーム

【設置期間】

平成27年6月〜平成30年6月

【活動計画(予定)】*1

  • 平成27年
    • 9月 第10回防災計画研究発表会,第1回委員会(正式な委員会は中止としました。発表会1日目の総合討論で委員会での活動内容にも触れたいと考えています。)
    • 10月 国際総合防災学会(IDRiM2015)
    • 11月 第1回委員会(第52回土木計画学研究発表会会期中)
  • 平成28年
    • 3月 第2回委員会
    • 6月 第3回委員会,第53回土木計画学研究発表会 企画論文部門
    • 9月 第4回委員会,第11回防災計画研究発表会
    • 10月 国際総合防災学会(IDRiM2016)
    • 11月 第5回委員会(第54回土木計画学研究発表会会期中)
  • 平成29年
    • 3月 第6回委員会
    • 6月 第7回委員会,第55回土木計画学研究発表会 企画論文部門
    • 9月 第8回委員会,第12回防災計画研究発表会
    • 10月 国際総合防災学会(IDRiM2017)
    • 11月 第9回委員会(第56回土木計画学研究発表会会期中)
  • 平成28年
    • 3月 第11回委員会
    • 6月 第12回委員会,第57回土木計画学研究発表会 企画論文部門

*1 委員会には遠隔参加いただくことも検討しています。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-10 (金) 08:06:22 (1967d)