[[FrontPage]]

*第14回 防災計画研究発表会&br;     −多様性と包摂性のある持続可能な減災社会の形成− [#t1729edd]

~2018年7月に西日本を中心に全国を襲った平成30年7月豪雨災害は,複数県に渡り同時に洪水・土砂災害が発生し,200名以上の死者・行方不明者を出しました。この災害は,支援と受援による災害対応の限界を想起させ,地域防災力の重要性を再認識させるものでした。

~異常な自然現象が頻発する中では,災害時の被害を最小限にとどめんとする減災の考え方が重要視されていますが,誰一人として取りこぼさない持続的な減災社会を実現するための対策は,実現することが困難なものが多く,そこに存在する課題は多岐に亘りかつ複雑であるため,その課題解決には様々な分野の研究者が個々に取り組むだけでなく,科学コミュニティの枠を超えたセクター横断の教育体制の下での「学び合い」(トランスディシプリナリアプローチ)が求められます。

~本研究発表会では,地域防災に携わる土木工学,建築学,地学,情報学,心理学,社会学などの研究者および実務者が一同に集い,
実践的・理論的な研究発表を行い,それらについて様々な視点から討議するとともに,地域防災に関する今日的課題や今後の展開について議論する場とし,
防災計画学の体系化を目指します.
~また,ここで得られた知見が各地域に還元されることにより,全国各地の地域防災力が向上することを期待しています.
平常時から広く地域防災力に関する情報交換を行い,研究上の課題を継続的に発見して対応し,その成果を共有化するとともに,
社会に還元していくためのネットワーク構築を目指しています.
~防災計画,地域防災システムに携わる多くの研究者・実務者に参加していただけると幸甚です.

+日 時―――2019年9月16日(祝),17日(火)~
+場 所―――京都大学 宇治キャンパス 連携研究棟3F(キャンパスマップ77番)
[[【アクセスマップ】>http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/maps/]],
[[【キャンパスマップ】>http://www.uji.kyoto-u.ac.jp/campus/map_2017.pdf]]~
+主 催―――国際総合防災学会(IDRiM Society),京都大学防災研究所~
+参加費―――無料
+懇親会―――9月16日セッション終了後に開催予定
+発表件数――30件程度
+申込締切――研究発表:2019年9月2日(月)~
      聴講参加:当日参加でも可能ですが,資料準備の都合上,9月13日(金)までに登録いただけますと幸いです.
+申込方法――下記のページより登録を行ってください.~
//       【発表希望者】は%%こちら%%→発表の受付は終了しました~
       【発表希望者】は[[こちら>http://dimsis.dpri.kyoto-u.ac.jp/IPwiki/contact/index.html]]~
       【聴講希望者】は[[こちら>http://dimsis.dpri.kyoto-u.ac.jp/IPwiki/contact/index2.html]]~

--------
**第14回防災計画研究発表会プログラム [#p382adb0]
|>|>|>|~9月16日(祝)|
|13:00-13:30|>|>|受付|
|13:30-13:40|>|>|オープニング|
|13:40-14:10|(司会)&br;TBD|中居楓子&br;(名古屋工業大学大学院工学研究科)|津波浸水想定が沿岸部の人口動態に与える影響に関する分析|
|13:40-14:10|(司会)&br;畑山満則|中居楓子&br;(名古屋工業大学大学院工学研究科)|津波浸水想定が沿岸部の人口動態に与える影響に関する分析|
|14:10-14:40|~|奥村 誠&br;(東北大学災害科学国際研究所)|自動車による津波避難計画におけるリスク分担に関する研究|
|14:40-15:10|~|西嶋 淳&br;(大阪商業大学経済学部・大学院地域政策学研究科)|防災まちづくりに活用しうる空き家等の寄付と課題|
|15:10-15:20|>|>|CENTER:休憩|
|15:20-15:50|(司会)&br;TBD|梶谷義雄&br;(香川大学)|北海道胆振東部地震によるブラックアウトの影響|
|15:20-15:50|(司会)&br;奥村誠|梶谷義雄&br;(香川大学)|北海道胆振東部地震によるブラックアウトの影響|
|15:50-16:20|~|畑山満則&br;(京都大学防災研究所)|キーワード抽出を用いた地域防災計画における災害廃棄物管理に関する比較分析|
|16:20-16:50|~|山口裕通&br;(金沢大学)|2018年災害時における移動行動の被災と回復過程の研究|
|16:50-17:00|>|>|CENTER:休憩|
|17:00-18:00|>|>|全体討議&br;(司会)睫斛義,畑山満則|
|18:00-20:00|>|>|懇親会|
|>|>|>|~9月17日(水)|
|9:00-9:30|>|>|受付|
|9:30-10:00|(司会)&br;TBD|高木朗義&br;(岐阜大学)|平成30年7月豪雨災害における住民避難行動−岐阜県4市を対象に−|
|9:30-10:00|(司会)&br;畑山満則|高木朗義&br;(岐阜大学)|平成30年7月豪雨災害における住民避難行動−岐阜県4市を対象に−|
|10:00-10:30|~|杉浦聡志&br;(北海道大学)|ベイジアンネットワークを用いた平成30年7月豪雨アンケート調査に基づく&br;避難行動要因の分析|
|10:30-10:40|>|>|CENTER:休憩|
|10:40-11:10|(司会)&br;TBD|河瀬理貴&br;(神戸大学大学院工学研究科)|人道支援ロジスティクスにおける物資集積拠点の有用性|
|10:40-11:10|(司会)&br;杉浦聡志|河瀬理貴&br;(神戸大学大学院工学研究科)|人道支援ロジスティクスにおける物資集積拠点の有用性|
|11:10-11:40|~|宮川祥子&br;(慶應義塾大学看護医療学部)|民間支援連携のための情報プラットフォームのあり方とは?&br;平成30年7月豪雨の経験から|
|11:40-12:10|~|小川雅史&br;(京都大学経営管理大学院)|日系グローバルサプライチェーンのセミマクロな構造分析の試み&br;―構造変化の視覚化とリスク分析への足掛かりとして―|
|12:10-13:00|>|>|CENTER:昼食|
|13:00-13:30|(司会)&br;TBD|下戸 学&br;(京都大学医学部附属病院)|熊本地震における病院避難の多職種による調査から見えた課題と展望|
|13:00-13:30|(司会)&br;畑山満則|下戸 学&br;(京都大学医学部附属病院)|熊本地震における病院避難の多職種による調査から見えた課題と展望|
|13:30-14:00|~|伊藤秀行&br;(減災ロジスティックス研究所)|災害拠点病院の断水対応状況(中間報告)|
|14:00-14:30|~|吉澤源太郎&br;(大阪市)|地域医療と水道事業のBCP連携に関する基礎的研究|
|14:30-14:40|>|>|CENTER:休憩|
|14:40-15:10|(司会)&br;TBD|廣井慧&br;(名古屋大学大学院工学研究科)|すべての災害研究の叡智を結集するには|
|15:10-15:40|~|多々納裕一&br;(京都大学防災研究所)|TBD|
|14:40-15:10|(司会)&br;高木朗義|廣井慧&br;(名古屋大学大学院工学研究科)|すべての災害研究の叡智を結集するには|
|15:10-15:40|~|多々納裕一&br;(京都大学防災研究所)|災害の経済影響分析の現状と課題|
|15:40-15:50|>|>|CENTER:休憩|
|15:50-16:50|>|>|全体討議&br;(司会)睫斛義,畑山満則|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS